色素沈着の原因は?きれいに消すことはできるの?

色素沈着の原因は?きれいに消すことはできるの?

 

シミは色素沈着の一種です。

 

また、シミ以外にも目のくまやニキビ跡等、さまざまな色素沈着が肌に残っていますよね。

 

出来るだけ置きたくない色素沈着。
どうすれば色素沈着が起こるのでしょうか?

 

色素沈着のほとんどは、肌に刺激を与えたせいです。

 

たとえばシミは、長年紫外線を浴びた皮膚の内部にメラニン色素が蓄積した結果が多いでしょう。

 

メラニン色素は紫外線から肌を守ってくれる色素ですが、どんどん蓄積し排除することができなくなると、シミとなって肌表面に現れてしまいます。

 

紫外線は肌に負担がかかりますし、乾燥や赤みなどを招く場合もあります。
紫外線を浴び続け傷ついた皮膚は、シミが出来易い状態になってしまうのでしょう。

 

 

ニキビも同じです。

 

ニキビは肌表面の炎症によって起こります。
小さいニキビであればニキビ跡が出来ることなく改善することができますが、深く出来たニキビはそうもいきません。

 

肌の奥深くにまで傷付き、炎症を起こしたニキビは治ってもニキビ跡として肌表面に残ってしまいます。
これが色素沈着となり、なかなか改善しなくなってしまうのです。

 

 

目の下のクマにはいくつか種類があります。
青色のクマは寝不足状態で出来るクマです。

 

しかし茶色いクマは色素沈着が原因でしょう。

 

クマの色素沈着は、目を普段からこする癖があったり、アイメイクを十分に落とし切っていないときに起きやすいといわれています。

 

他にもさまざまな要因がありますが、擦ったりして目元が傷付けばそれだけ色素沈着になりやすいでしょう。

 

他にもかぶれ、炎症、外傷、熱傷、強い摩擦や刺激によって色素沈着は置きます。

 

ホルモンバランスが乱れていると、十分にターンオーバーを行うことができなくなり色素沈着が出来易い状態になってしまうでしょう。

 

色素沈着は一度出来ると対策が難しいといわれています。
出来るだけ色素沈着が出来ないように予防をするようにして下さい。

 

 

そもそもメラニン色素とは何?

 

人は、人種によって髪の色や肌の色が違いますよね。
なぜ色が違うのかというと、メラニン色素が大きく関係しています。

 

メラニン色素は、紫外線から皮膚を守るために大切な働きをする色素です。
メラニン色素があるから、紫外線を浴びてもすぐに影響を感じることはなく、体の奥にまで紫外線が届くのを防ぐことができるのでしょう。

 

一日紫外線を浴びたとしても、黒くなったり赤くなったりだけですよね。
メラニン色素がなければ、同じ量の紫外線を浴びただけでしもぶくれや炎症を起こしてしまう可能性もあるのです。

 

 

肌にはさまざまな層がありますが、メラニン色素は表皮の基底層にあるメラノサイトによってつくられています。
メラノサイトは紫外線の刺激を受けると、メラニン色素を作るしくみになっているのです。

 

紫外線を浴びると、さまざまな物質が生まれます。

 

たとえば活性酵素です。
活性酵素は細胞を傷付けたり体を老化させる働きがあります。

 

また、ガンの原因にもなるといわれている非常に有害な酵素です。

 

メラニン色素は、そんな活性酵素を材料にして作られています。
メラニン色素があるからこそ、活性酵素を必要以上に増やさないように出来るのでhないでしょうか。

 

 

紫外線を浴びて活性酵素等ができそうになると、メラノサイトがどんどんメラニン色素を作りだし、有害な物質を分解してくれるでしょう。

 

そのため、メラニン色素が増えれば増える程有害な物質を排除したという事になります。

 

メラニン色素は肌内部に蓄積していきますが、一定量であればどんどん肌の表側に行き、表皮に現れ、ターンオーバーと共に剥がれ落ちます。
剥がれ落ちたメラニン色素はシミや日焼けになることなく、そのまま役目を終えてくれるでしょう。

 

日焼けをして一定期間で色が元に戻るのは、ターンオーバーのお蔭なのです。

 

 

しかし、シミが出来ている肌はそうもいきません。

 

新陳代謝が低下してターンオーバーが十分に行われなくなったり、部分的にメラニン色素が増殖しすぎると、メラニン色素を排出しきれない状態になってしまいます。
そのせいで、シミは出来てしまうのです。

 

 

メラニン色素は全て除去しきれずに体内に蓄積することもあるでしょう。
長年蓄積していったメラニン色素が影響してシミとなるので、年齢を重ねるごとにシミが出来易い肌質になってしまいます。

 

メラニン色素は決して悪い色素ではありませんが、出来るだけ体内にため込まないようにしましょう。

 

また、人は生まれつき一定量のメラニン色素を持ち合わせているので、生まれつきの肌よりも美白をする事は難しいのです。

 

 

 

メラニン色素は食べ物で減らせる?

 

メラニン色素を減らすことができれば、シミを除去することも肌の色を白くする事も難しくはありません。

 

メラニン色素を減らすには、さまざまな方法があるのです。

 

たとえば食品。

 

メラニン色素除去効果のある食品は意外と多いはずです。

 

ビタミンCはメラニン色素を作る成分を抑制してくれます。
そのため体内でメラニン色素が沈着するのを防いでくれるでしょう。

 

ビタミンCを摂取すれば、色素沈着や日焼けを防ぐことも可能だといわれています。

 

そんなビタミンCは、野菜や果物を中心にさまざまな食品に含まれています。

 

特にアセロラやキウイ、レモンや白菜、オレンジ、ピーマンなどを食べると良いのではないでしょうか。

 

また、カロテノイドも良いといわれています。

 

カロテノイドはビタミンAとも呼ばれている成分です。

 

カロテノイドもメラニンの生成を抑えると評判の成分なのです。

 

カロテノイドは、主に赤い野菜に含まれているといわれています。
そのため、ニンジンや赤ピーマン、トマトなどから摂取をすることができるでしょう。

 

中でもおすすめなのが、赤ピーマンです。

 

赤ピーマンには強いメラニン生成抑制効果があるといわれているので、メラニン色素を抑制したい人は、赤ピーマンを意識して摂取をしてみてはいかがでしょうか。

 

超お得な定期コース↓