ハイドロキノンで体の黒ずみが解消する?実際は・・・

ハイドロキノンで体の黒ずみが解消する?実際は・・・

 

 

お肌の悩みは女性にとって深刻な悩みとなりますが、特に体のあらゆる部分にできてしまうシミは厄介な悩みの一つです。

 

服から露出する部分にシミがあると恥ずかしいですし、夏になって水着を着た時にシミが見えるとすごく嫌なものです。

 

できることならシミは消したいですし、簡単に消してみたいものです。

 

そこで、最近話題になっているのがハイドロキノンです。

 

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素を生成するチロシナーゼの働きを抑えることができ、それがメラニン色素を作る細胞のメラノサイトを減少させることができます。

 

ですので、シミがある部分にハイドロキノンを使用するとシミが少しずつ薄くなって改善することも可能となりますし、塗っておくことでシミを予防することもできるのです。

 

こうした効果があるハイドロキノンですが、気になるシミがあるのは顔だけではありません。

 

体のあらゆる部分にシミはできてしまうのですが、ではハイドロキノンは体のあらゆる部分に使えるのでしょうか?

 

ハイドロキノンは体のあらゆる部分に使用することはできますが、気を付けておかなければいけないことがあります。

 

それは紫外線を浴びやすい部分にあまり使用しないことです。

 

ハイドロキノンは酸化しやすくなっており、紫外線を浴びて酸化するとシミが濃くなってしまうこともあるからです。

 

このようなことからも分かるように、ハイドロキノンは体のあらゆる部分に使うことができ、効果的にシミを改善していくことが可能ですので気になる人は使用してみてください。

 

 

黒ずみは消えるのか?

 

ハイドロキノンは肌の漂白剤とも呼ばれるくらいシミを薄くすることができ、厚生労働省から認可を得ていますので皮膚科や美容クリニックなどでも処方してもらえます。

 

このハイドロキノンは天然成分でできており、酸化を抑える還元作用がありますので黒ずみの原因となるメラニン色素を生成するチロシナーゼの働きを阻害します。

 

これによってメラニン色素を生成するメラノサイトに働きかけて減少させることができ、最終的にシミだけではなく黒ずみも少しずつ薄くしたり消すことも可能となるのです。

 

また、ハイドロキノンはメラニンをアミノ酸のチロシンに戻す効果がありますので、色素沈着を起こしている黒ずみにも効果的になります。

 

こうしたことからも分かるように、ハイドロキノンには美肌効果を期待することができますので、体のあらゆる部分の黒ずみに効果的となります。

 

ですので、シミだけではなく黒ずみでも悩まされている女性は綺麗な肌を手に入れるために使用してみるのも良いでしょう。

 

もっと詳しく知りたい方は、こちらも合わせてご覧ください→ハイドロキノン

 

 

使い方

 

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素の生成を抑える効果があり、更には黒ずみを薄くするという美肌効果を期待することもできます。

 

このハイドロキノンを使用するときは、まずは自分の肌に合っていないとトラブルになる可能性がありますのでパッチテストを行いましょう。

 

パッチテストは清潔な状態にした腕にハイドロキノンを10円玉くらいの大きさで塗り、その上から絆創膏を貼って24時間くらい放置します。

 

そして24時間後に絆創膏を剥がして赤みや痒みなどの異常がなければ使用しても良いでしょう。

 

使用方法は綺麗に洗って肌を清潔な状態にし、シミや黒ずみがある部分に綿棒で少しずつ塗る方法が良いです。

 

清潔な状態のほうが良いのは、ハイドロキノンの浸透率が高くなるからですが、洗った直後は角質層に水分が多く含まれていますので20分後くらいが効果的となります。

 

また、化粧水や乳液などでケアした後でも良いでしょう。

 

綿棒を使用するのは、シミや黒ずみがない部分にハイドロキノンがついてしまうと白斑などの肌トラブルが起こることもあるからです。

 

ですので、シミや黒ずみがある部分に綿棒でピンポイントに塗るようにしましょう。

 

ハイドロキノンを使用してシミや黒ずみを改善したい人は、このような使用方法で試してみると良いでしょう。

 

 

気を付けたい点

 

ハイドロキノンはシミや黒ずみを改善することが可能ですので女性を中心に多く使用されています。

 

しかし、ただ塗るだけではなく注意してほしいことがあります。

 

その注意点は、紫外線対策を行うことや冷蔵庫で保管して使用期限を守ること、厚く塗り過ぎないことです。

 

ハイドロキノンは紫外線を吸収しやすくて浴びるとシミを濃くすることがありますので、必ず紫外線対策を行うようにしてください。

 

また、ハイドロキノンは酸化が進むのがすごく早いので25度以下の冷蔵庫で保管するようにし、開封後は酸化すると思うような効果が得にくくなりますので使用期限を守るようにしましょう。

 

特に茶色に変色しているものは酸化が進んでおり、刺激の強いベンゾキノンという成分に変化していますので使用しないでください。

 

塗る時の注意点は厚く塗り過ぎないことですが、厚く塗り過ぎると刺激が強すぎて肌トラブルを起こすこともあるからです。

超お得な定期コース↓