紫外線吸収剤が肌荒れや黒ずみの原因に!

紫外線吸収剤が肌荒れや黒ずみの原因に!

乾燥肌や肌荒れを防ぐために、外出のときには日焼け止めを欠かさず使用している女性が多いでしょう。
紫外線を浴びることで肌にさまざまな悪影響が出てしまうので、できるだけ肌にダメージを与えないようにしたいですよね。

 

紫外線のダメージから肌を守るために使用している日焼け止めには、「紫外線吸収剤」というものが含まれています。

 

紫外線吸収剤は敏感肌に刺激を与えてしまう可能性があるもので、肌を守るはずが逆に肌荒れを引き起こしてしまうケースも少なくありません。
紫外線吸収剤について詳しく知って、安全に日焼け止めを使用しましょう。

 

紫外線吸収剤とは、その名の通り紫外線を吸収して、肌に届く紫外線を減らすための成分です。
良い成分のように感じますが、敏感肌の人にとっては紫外線吸収剤による刺激が強過ぎてしまうことがあります。

 

肌が紫外線吸収剤の刺激に負けてしまうと、肌荒れを引き起こしてしまうことがあるので注意が必要です。

 

最近では肌に優しい紫外線吸収剤が使用されている日焼け止めがありますし、紫外線吸収剤よりはカバー力が落ちるかもしれませんが「紫外線散乱剤」という成分が配合されている日焼け止めもあります。
紫外線吸収剤による肌荒れを防ぐために一番大切なのは丁寧なクレンジングですが、それでも不安な人はこのような肌に優しい日焼け止めを選ぶと良いかもしれません。

 

日焼け止めは、2〜3時間おきに塗りなおすことで十分な効果を発揮するため、1日のうちに何度も肌に塗ることになります。
1日の終わりにはしっかりとクレンジングを行って、毛穴に日焼け止めが残らないようにしましょう。

 

基本的にはクレンジング剤や洗顔フォームで落とせますが、敏感肌の人は紫外線吸収剤を落とし切るために、専用のクレンジング剤を使用すると良いかもしれません。

 

クレンジングが面倒に感じる人もいるかもしれませんが、肌荒れを防ぐためなので頑張りましょうね。
また、クレンジング後には保湿ケアを忘れないようにしましょう。
肌の乾燥は、ニキビだけでなくシミ・しわ・くすみなどのさまざまな肌トラブルを引き起こす原因となります。

 

せっかく紫外線によるダメージを防いで肌を守っているのですから、乾燥肌を防ぐために夜のスキンケアもしっかりと行いたいですね。

 

紫外線吸収剤とうまく付き合っていくことで、肌を紫外線のダメージから守りましょう。

 

 

日焼け止めには危険な成分がたっぷり!

 

紫外線のダメージから肌を守ってくれる日焼け止めですが、日焼け止めには肌荒れをしないために気を付けておきたい成分もいくつか配合されています。

 

敏感肌の人は日焼け止めに配合されている成分の刺激が強すぎてしまうこともあるので、日焼け止めの危険な成分についてあらかじめ知っておきましょう。

 

日焼け止めに含まれている刺激が強い成分として有名なのは、「紫外線吸収剤」です。
紫外線吸収剤は紫外線を吸収し、肌に届く紫外線を少なくしてくれます。

 

しかし、紫外線吸収剤の中には発がん性を疑われているものもあり、使用する際には十分に注意をする必要があります。
肌への刺激が強いので、敏感肌の人は肌荒れを引き起こしてしまったり、子供が使用してアレルギーを発症することもあります。

 

最近では、肌に優しい紫外線吸収剤が使われている日焼け止めがあるので、敏感肌の人はそのような日焼け止めを選ぶと良いかもしれません。
また、紫外線吸収剤の代わりに紫外線散乱剤が使われている日焼け止めを選べば、カバー力は落ちるかもしれませんが安全に使用できます。

 

日焼け止めの塗り心地を良くするために使用されている「ナノ粒子」も、発がんの恐れがあると言われています。

 

酸化チタンや酸化亜鉛がナノ粒子として使われていることが多く、これらの成分が肌の奥深くまで浸透してしまうことで、発がんの危険性が出てきてしまうのです。
肌になじみが良い日焼け止めや、塗っても白くならない日焼け止めは、ナノ粒子が含まれていることが多いです。

 

「界面活性剤」も、肌にとって有害であると言われています。
日焼け止めを使いやすくするために含まれている成分ですが、敏感肌や乾燥肌の人は界面活性剤が原因で肌荒れを起こしてしまうかもしれません。

 

界面活性剤は日焼け止め以外の化粧品にもよく使用されていますが、あまり肌に良いものではないということを覚えておきましょう。

 

その他にも、日焼け止めにはさまざまな添加物や防腐剤が含まれています。
使いやすくするためには必要な成分なのかもしれませんが、肌にとっては危険な成分もあります。

 

危険な成分の対策として、日焼け止めを使用した日には、しっかりとクレンジングを行うようにしましょう。
毛穴の奥に日焼け止めが残ってしまっていることが、一番危険なことです。

 

丁寧にクレンジング・洗顔をすれば日焼け止めを落とせますし、専用のクレンジング剤を使用すれば毛穴に残ってしまうこともありません。

 

 

気を付けたい!敏感肌の日焼け止め

 

敏感肌の人は、本来は肌を守るための日焼け止めで肌荒れを引き起こしてしまうことがあります。
紫外線によるダメージから安全に肌を守るために、敏感肌の日焼け止め選びにこだわりましょう。

 

敏感肌の場合には、「無香料・無着色で低刺激」「お湯や石鹸だけで落とせる」「紫外線吸収剤を使用していない」などのポイントに注目して日焼け止めを選びます。
特に、低刺激であることとお湯や石鹸で落とせることにはこだわりたいですね。

 

紫外線を防ぐために、日焼け止めにはどのような添加物が配合されているかわかりません。
無香料・無着色でできるだけ刺激が少ないものを選べば、肌に掛かる負担も軽くなるでしょう。

 

また、日焼け止めを落とすためにクレンジング剤を頻繁に使用すると、敏感肌の場合には刺激が強すぎるかもしれません。
できるだけクレンジング剤を使用しなくて済むように、お湯や石鹸で落とせる日焼け止めを選びたいですね。

 

日焼け止め選びにさらにこだわりたい場合には、紫外線吸収剤が含まれていない日焼け止めを選びましょう。

 

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して肌に直接届けないようにしてくれる成分です。
しかし、敏感肌には紫外線吸収剤の刺激が強すぎる場合があるため、注意が必要です。

 

 

超お得な定期コース↓